>>社会人おすすめのビジネス雑誌3選へ

傘のシェアサービス「アイカサ」とは?傘を持ち歩きたくない人必見!

「明日雨かー。傘を持っていくの面倒くさいな・・」

「傘持ってくるの忘れた!でも買うお金もったいない・・」

 

近い将来、こういった悩みがなくなるかもしれません。

 

先日、傘をレンタルし放題できるサービスが2018年12月に渋谷で開始されるとのニュースが発表されました。その名もアイカサ

全く新しいシェアリングサービスとして話題沸騰中ですね。

 

今日は、日本には今までなかった傘のシェアリングサービス、

「アイカサ」について紹介します。

 

スポンサードサーチ

アイカサとは? ⇒傘を安価で借り放題できるシェアリングサービス

公式HP:https://i-kasa.com/

「アイカサ」とは、株式会社Nature Innvation Groupが運営する、

日本初の傘のシェアリング(レンタル)サービスです。

 

盗難防止機能付きの特殊傘を、指定のアイカサスポットでレンタル。

返却場所は、アイカサスポットであればどこでも好きな所を選べる仕組みです。

借りた場所ではなくてもどこからでも返却できるのもポイント。

 

傘はグラスファイバー仕様の特注傘で、特殊ロック搭載によりユーザー以外開けられない仕様なので、その点も安心です。

 

アイカサの料金 ⇒1日70円~月最大420円まで

 

1日70円! 激安ですね。

 

24時間以内であれば違う傘を何度でもレンタルすることが可能。

1ヶ月の上限金額も420円に設定されているので、

月の利用回数が7日を超えた場合は追加料金なく使い放題できます。

 

コンビニで買ったら500円以上するので、1か月借りても安い!

これは使わない手がなさそうです。

 

アイカサの使い方 ⇒登録から返却までLINEで

実際に借りる方法ですが、とても簡単です。

 

LINEアカウントより友達追加。

②傘が置かれているアイカサスポットを検索。

③設置されている傘のQRコードを読み取り、ロックを解除

 

返却の際は、

④アイカサスポットに行って返却用QRを読み取り、傘を畳んで返却。

この際、借りた場所ではなくてもどこでもOKです。

 

アイカサの設置場所は? ⇒駅近くの店舗やオフィスビルの遊休スペースに配置

実際の設置場所は、駅近くの店舗やオフィスビルの遊休スペースに配置の予定で、最初は40~50箇所に配置されるとのことです。

 

2020年までに全国の傘流通数3万本を目指す

運営会社の株式会社Nature Innvation Groupは、今後アイカサスポットの拡大に向けて、企業や行政との連携も強化を画策中。

 

サービス開始の2018年12月時点では40〜50箇所ですが、スポットをこれから増やしていき、

2020年には東京を中心とした全国で3万本の傘が流通するサービスを目指すとのこと。

 

今後の動向に要注目ですね。

 

おわりに

傘を持ち歩きたくない!

ビニール傘を買うお金がもったいない!

と感じたことは多いと思います。

 

アイカサは、そんな人々の悩みを解決してくれることでしょう。

 

参考:コンビニの“ビニ傘”を代替、1日70円の傘シェアリング「アイカサ」が12月に公開へ

参考:日本初の“傘”シェアリングサービス、12月から渋谷で開始 特殊傘を1日70円~月420円で借り放題

 

それではまた。

ビジネス
スポンサードサーチ
kumaをフォローする
ミニナル。