>>社会人おすすめのビジネス雑誌3選へ

オリンピック新種目候補になった話題の「eスポーツ」とは何か?分かりやすく解説!【最新まとめ】

こんにちは。kumaです。

 

最近「eスポーツ」という言葉を耳にすることが多くなってきました。

よく聞くけど、

「 eスポーツってなに?」

「競技人口どのくらいいるんだろう?」

「どのくらい稼げる?」

といった疑問を持つ方が多いと思いますので、

いま話題の「 eスポーツ」とは何かについて詳しく書いていきます。

スポンサードサーチ

eスポーツ(esports)とは?

f:id:mkumaki:20180723185226j:plain

eスポーツ(esports)とは、

エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)の略で、

複数のプレイヤーでの「対戦型ゲーム」を、サッカーや野球と同じように

″スポーツ・競技″として捉える際の名称です。

リアル世界でのスポーツと対比するために、

「電気の・電動の」という意味のエレクトリックを付け足しています。

eスポーツでは、ゲーマーがスポーツ競技者になります。

格闘ゲームの″ストリートファイター″をゲームセンターでやったことがある方は分かるかもしれませんが、あれを、ゲームセンターではなく大きな会場で

“競技者”として大会に出て、そこには観客”もいて、勝ち残れば”賞金”をもらえるものにしたというイメージを持つと分かりやすいかもしれません。

f:id:mkumaki:20180725123633j:plain

 

ゲームはもはや、スポーツ競技になっています。

eスポーツ全世界の競技人口

野球の世界人口は約3,500万人ですが、

世界のeスポーツ人口はなんと、

1億3,000万人!

野球人口の3倍以上と、相当の競技人口です。

これを初めて知ったときは衝撃的でした。

eスポーツの2018年世界市場規模は約1000億円。中国は兆単位?!

ゲーム市場やモバイル市場のマーケティングを行うNewzoo社の予測によれば、

2018年のeスポーツ市場は、前年比38%増の9億5660万ドル。日本円でおおよそ1000億円

2020年には14億ドル。日本円で約1500億円になると試算されています。

市場規模が1000億円というと、日本では「家事代行サービス」や「マヨネーズ」の市場規模とほぼ同規模になります。あまりピンときませんが..(笑)

上記は世界市場規模として紹介されていますが、

eスポーツが盛んな「中国」単体でみるとすごいことになっています。

中国のIT専門の調査機関・アイリサーチ(艾瑞咨詢、iResearch)など数社共同で発表した「2018年中国eスポーツ業界研究報告書」によると、中国eスポーツ業界は2017年から盛んになり始め、同年の市場規模は650億元→1兆円!

中国においてはeスポーツが超巨大産業になってきているようです。

eスポーツがオリンピック種目になる可能性も

競技人口・市場規模の大きさから、IOCがオリンピック種目にするかを検討するというニュースがありました。

www.gamebusiness.jp

それくらい認知・認識されてきている証拠ですね。

リアルのスポーツ観戦に匹敵する新しい娯楽になる可能性も秘めています。

ただ、オリンピック競技化するにはハードルがいくつもあるようで、

eスポーツは「五輪競技」として相応しいのか | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準にも触れられている通り、そもそも IOCから「スポーツ扱いされていない」という現実が立ちはだかっています。

運動をしない・汗をかかないものなので、 IOCはeスポーツをスポーツと定義することに慎重なようです。

今後の動向に要注目です。

eスポーツ大規模大会となるともらえる賞金がえげつない

f:id:mkumaki:20180723184854j:plain

賞金総額20億円!?世界の大規模大会の賞金総額ランキングトップ10 – モバイルセンターによると、世界で最も賞金額の多い大会になると、

賞金総額→23億1000万円

優勝賞金→10億1000万円

相当のお金が動いています。規模が本当に大きいですね。

もちろんこれは個人ではなく国ごとのチーム戦での賞金です。

それでも十分大きいといえます。

eスポーツにおける日本の動向

世界で盛り上がりを見せるeスポーツですが日本ではまだまだ発展途上。

世界のeスポーツの人口は1億3,000万人で、野球人口の3倍以上と言われていますが、

国内の登録プレーヤーは81人と、非常にさびしい状況です。

まだまだ日本国内ではマイナーなスポーツだといえます。

そんななか、日本のプロ野球がeスポーツに本格参入するというニュースが話題を呼びました。

japan.cnet.com

KONAMIと共同でプロ野球市場初のeスポーツリーグを開始ということで、日本でも eスポーツを活性化させる動きが出てきました。

eスポーツ関連のニュース

eスポーツ関連のニュースは、連日出てきていて、ほんの一例を紹介します。

プロ野球がeスポーツに本格参入–KONAMIとNPBがプロリーグを共同開催 – CNET Japan

IOC、eスポーツ参入で議論 – 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

eスポーツ、オリンピック競技に? 課題は|日テレNEWS24

愛知の中小企業が「eスポーツ」の実業団を立ち上げるワケ

まとめ

f:id:mkumaki:20180723184727j:plain

以上まとめると、

・全世界の競技人口→1億3000万人

・2018年世界市場規模→約1000億円(中国は1兆)

・オリンピック種目になる可能性浮上

・最高賞金総額は23億円

eスポーツの世界市場規模は、毎年右肩上がりに伸びており、新しい産業として注目されています。

1番気になるのは日本で伸び代がどれだけあるのか。

今後も注目していきましょう。

それではまた!

ビジネス
スポンサードサーチ
kumaをフォローする
ミニナル。