>>社会人おすすめのビジネス雑誌3選へ

激務、テレアポきつい・・「求人広告の営業を辞めたい」と思った時の転職方法

求人広告の営業を辞めたいと悩む人

「求人広告の会社で営業をやってるけど、

激務だしかなりきつい。。

あまり向いてない気もするし、正直辞めたい。

転職を考えている。良い方法はないかな?

 

こんな悩みに応えます。

 

スポンサードサーチ

【結論】求人広告の営業を辞めたいと思ったら⇒転職エージェントに相談するのがベスト

結論を先に言うと、

「辞めたい・・」と思いながら仕事を続けるくらいなら、

転職エージェント(人材紹介)に相談してみることをおすすめします。

 

この記事を書いている僕は、元求人広告の営業。

転職のときはエージェントをメインで使ってたのですが、自分では知り得ない仕事の情報を得られたり、こんな方向性もあったのか!という気付きを与えてくれたので、次に転職するときも絶対エージェントは使いますね。

それくらいおすすめの転職方法です。

 

求人広告の営業を辞めたいけど、

・次の仕事は何がいいんだろう?

・営業以外の職種に就くべき?

・業種を変えて営業スタイルを変えるのがいいのか?

 

そんな、今後のキャリアの悩みを解決する「羅針盤」になってくれる存在だといっても言い過ぎではないです。

 

じゃあどこのエージェントがおすすめかというと、

鉄板はリクルートエージェント、20代ならマイナビエージェント

とにかく求人数重視ならdodaを使っておけば間違いないです。

 

エージェントに相談する前にやっておくと良い3つのこと

 

自分の強みは把握しておく

自己分析は自分の強みが分かる「グッドポイント診断」を使うことをオススメします。

個人的には必須だと考えていますし、僕もやりました。

 

まだやっていない人は「今」やりましょう。

登録を含めても20分程度で終わります。

 

グッドポイント診断をやってみる

 

仕事で大事にしてきたことの振り返り

経験やスキルといったスペック面を振り返るだけでなく、自分が仕事において大事にしていることを考えてみましょう。

・効率的に仕事をして、早く帰りたい

・人間関係が良好な職場で働きたい

・自分の成長につながる仕事がしたい

何を大事にするかによって、転職先の選定は変わってきます。

後悔しない転職をするためにすごく重要な観点ですので、しっかり考えてみてください。

あなたが大事にすべき転職軸が明確になっていきます。

職務経歴書を書く

転職の軸が決まってきたら、職務経歴書を書いてみましょう。

方法としては、転職サイトに登録して書くのがおすすめです。

テンプレートが用意されているので、効率的に活動ができますよ。

リクナビNEXTエン転職が個人的には使いやすかったです。

こればっかりはあなたも詳しいかもしれませんね(笑)

 

いざ、エージェントに相談!

転職エージェントに登録したら、面談を設定して相談してみましょう。

 

自分が書いた履歴書や職務経歴書を見てもらったり、どんな企業が良さそうか、どんな企業が紹介してもらえそうかなどをアドバイスしてもらい、最終的な自分の転職軸を定めると良いです。

 

自分だけでは知り得なかったことや気づかなかったことを転職軸に盛り込み、自分の方向性を、定めていきましょう。

 

まだエージェントに登録していない方は、早めにやっておきましょう。

先ほどもお伝えした通り、鉄板のリクルートエージェント、20代ならマイナビエージェント

とにかく求人数重視ならdodaがおすすめです。

 

どれがいいかな?と迷ったら、リクルートエージェントです。

求人数はトップクラスでコンサルタントの質も高いので、まずはここに相談すると良いですね。

 

もし違うなあと思ったらマイナビエージェントdodaなど幅を広げてみましょう。

 

紹介された企業の評判や口コミを見てみる

以前に、会社の評判や口コミを見ることができるサイトを紹介させていただきました。

人によって観点が違うので、鵜呑みにはしないほうが良いですが、

参考までにこういったサイトも確認しておくと良いです。

 

さて、ここまでいったらあとは行動あるのみ!

環境を改善するために、良い転職をしましょう。

 

《あわせて読みたい記事》

転職
スポンサードサーチ
kumaをフォローする
ミニナル。