>>社会人おすすめのビジネス雑誌3選へ

【実例】"自分を変えるための最短ルート"。ポイントは「環境」と「真似」です。【自分を変えたいけど変えられない人へ】

f:id:mkumaki:20180710182154j:plain

こんにちは、「環境」と「真似」によりコミュ障の自分を変えたkumaです。@kuumaasuuaaa)

 

「自分を変えたいけどなかなか変えられない」

「ダメな自分を変えて、自分に自信を持ちたい」

 

こんなふうに思う方は多いと思います。

 

僕自身も、高校時代から超コミュ障で人間関係を築くのが苦手でした。

周りからは何を考えているか分からない、とっつきづらいと思われることが多く、仲良い友達もあまり多いほうではありませんでした。

それでいて女子にモテたいという、なかなか無謀な人間だったなーと振り返ると思います。(苦笑)

 

そんな僕でしたが、このままでは嫌だと思い変える努力をしたところ、

・「超コミュ障」から⇒「普通レベルのコミュ力」へ

・恋愛も人並みにできるように アップデートできました。

 

ポイントはたった2つです。

  1. 環境を変える(変わらざるを得ない環境に身を置く)
  2. なりたい自分に近い人の真似をする(行動に移す)

 

よく、新年に今年の抱負を決めたり、自分を変える!と「決意」して変えようとしますが、「決意」だけでは人はなかなか変わりません。

 

変わらざるを得ない環境に身を置く・なりたい自分に近い人の真似(具体的な行動)をすることにより本当に変われると私は思っていますし、実際にそうでした。 

 

今日は、「自分を変えたいけど変えられない、でも変えたい人」へ

“自分を変えるための最短ルート”について僕の実際のエピソードを交えてお話します。

スポンサードサーチ

自分を変えるための最短ルート

f:id:mkumaki:20180710123043j:plain

環境を変える

先述した、変わらざるを得ない環境に身を置くこと。

これが1番手っ取り早く、効果的な方法です。

 

〜僕が大学3年生の時のこと〜

めちゃくちゃ好きだった彼女とお別れすることになったのですが、原因は間違いなく、僕の言葉足らずやコミュニケーション下手でした。

あとはしょうもないプライド。

 

「自分がもっと彼女に自分の気持ちを伝えられていたら。。」

 

そんな後悔と悔しさで2週間くらいは引きずっていました。

 

恋愛以外でもコミュニケーション下手による人間関係の不和が多かったので、真剣に「変わりたい」と思うように。

 

それで何をしたかというと、

ベンチャー企業でアポイント営業のアルバイトを始めました。

戸建に住む家庭に、太陽光発電オール電化システムの話を聞いてもらうためのアポイントを取る仕事です。

 

法人ではなく個人向けの営業。

より人間身のあるコミュニケーションが重要でした。

しかもベンチャー企業で、かなりの体育会系でイケイケ。

 

ここならコミュニケーション力を鍛えられるかもと思い、飛び込みました。

 

結論、そこでめちゃくちゃ揉まれ、コミュニケーション力を向上させることができました。

自然に笑顔を作れるようになったり、大勢の前で発言したり、知らない人とでも明るく話せる力を人並みレベルにまでもっていくことができました。

 

なぜ変われたのか?

 

1つはベンチャー企業でアルバイトするという、「環境を変えた」こと。

もう1つは「真似」することでした。

 

以下で、その「真似」について具体的にお話していきます。

 

なりたい自分に近い人の真似をする

結論、

「なりたい自分に近い人のまねをする」

言い換えると、「できる人の真似をする」

これをやることで自分を変えることができました。

 

 

僕がアルバイトしたベンチャーは、平均年齢26歳ほどで超がつくほど若い会社でした。

 

社風は体育会系で、スポーツ経験者が9割くらい。

正直性格的に合わないように人が大半でしたが、仕事に前向きな社員がほとんどで、絵に描いたような″切磋琢磨できる環境″でした。

 

その中でも、ピカイチに営業成績が良い人がいました。Sさんと呼びます。

 

Sさんは、血気盛んな若いメンバーが多い営業の中で常に1位で、勝てる人はいないくらいの超人でした。

 

当然僕はその人に憧れ、「Sさんのように結果を出せるようになりたい!」と思うように。

 

でも最初は全然ダメ。。

ロクに喋れない、表情が暗いと言われる、声が小さいなど、散々な言われようでした。

 

やはり無理か。。

と思い辞めることも考えましたが、それでは結局変われずに終わると思い、続けることに。

 

でもどうすればいいかわからない。

コミュニケーション下手な僕は先輩になかなか相談できずに本屋にいき自己啓発本を漁りました。

 

そこで出会った本に、

「成長するためには、できる人の真似をするのが1番早い」といったことが書いてありました。

 

何が正解なのか分からなかったので、

「とりあえずSさんの真似をしてみよう。」

そう決心し、とにかくSさんのトークや身振り手振り、ちょっとした所作や目線まで全てコピーしました。

ほかの社員と話しているときの話し方やトーンなどありとあらゆる要素を切り出し、真似しまくりました。

 

そうすると、だんだん周りの反応が変わってきました。

 

「最近、声大きくなったよね」

「最初のころは暗かったけどほんと変わったよな」

 

と言われるように。

 

そうすると営業の成果もどんどん上がっていき、アルバイトなのに社員の成績を抜くということまで成し遂げることができました。

 

今までの自分では考えられない状況をつくり、自分の自信に繋がったのです。

 

あのときの経験は、就職して転職サイトの営業マンになったときにも活きたなあと振り返ると思います。

転職サイトの営業マン時代については、

営業で成果を出すためにやってきたこと、やって良かった3つのこと。 – ワークライフハックLABOで書いていますので、興味があれば見てみてください。

まとめ

f:id:mkumaki:20180710182046j:plain

この経験から、

 

・「環境」を変える

・「真似」をする

 

この2つで人は変われるんだと確信を持つことができました。

環境を変えるという点で、 ベンチャー企業でアルバイトしたことを例にあげましたが、社会人の方であれば「転職」がその最たる例ですね。

″初めての転職″を成功させるために一番最初にやること5項目まとめ – ワークライフハックLABOで、転職で最初にやることをまとめているので参考にしてみてください。

 

また、自分を変えるためには自分を知ることも大事だったりするので、

自分の強みを簡単にはかれるグッドポイント診断をやってみるのも価値ありです。

 

以上、自分を変えるための最短ルートについてでした。

参考になれば幸いです。

 

それではまた!

ライフハック
スポンサードサーチ
kumaをフォローする
ミニナル。