働き方とキャリアを考えるメディア「ミニナル。」

【日本初】スマホの充電器をレンタルできる自販機?!新たなシェアリングサービス「CHARGE SPOT」とは

f:id:mkumaki:20180420121418j:plain

スマホを充電したいけど、充電器が無い!

⇒仕方ないからコンビニでモバイルバッテリー買うか・・」

こんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

昨日(4月19日)、そんなスマホユーザーに朗報となりそうな

日本初のスマホ充電器シェアリングサービスを開始すると発表されました。

www.itmedia.co.jp

ベンチャー企業の株式会社INFORICH(インフォリッチ)が、

持ち運び可能なスマートフォン充電器シェアリングサービス

「ChargeSPOT(チャージスポット)」の提供を開始したという記事です。

スマホユーザーにとって朗報となるのか?!

今日は、その注目のシェアリングサービス「ChargeSPOT」について

調べてみたので、その紹介をしていきたいと思います。

※充電器を買うなら↓のAnkerがおすすめです。


スマホ充電器の自販機?

f:id:mkumaki:20180420122523p:plain

どんなサービスかというと、

自動販売機のような箱から充電器を借りることができる

というものです。

設置されている場所であれば、

どこでも借りて、返却することも可能です。

「乗り捨てできるレンタカーの、スマホ版」

と考えると分かりやすいかもしれませんね。

まず渋谷区を中心に駅やカフェなどに設置。

4月中に120カ所へ導入し、6月までに都内1000カ所へ展開予定です。

利用料金は?

利用料金は1時間100円、48時間以内なら200円。

安い!

ただし!

初回の利用時に、保証代金として1,500円を預ける必要があります。

デポジットってやつですね。


万一、紛失や破損、48時間以内に返却されなかった場合は、

保証代金が徴収されるという仕組みです。

▼こんな形です。

f:id:mkumaki:20180420123549j:plain

利用方法は?

スマホアプリ「ChargeSPOT」(iOSAndroidをダウンロード

f:id:mkumaki:20180420122439p:plain

http://charge-spot.net/ ←ここからダウンロード可能です。

②アプリ上でアカウントを作成

③最寄りで借りられる/返せる筐体(本サービスの機械)を検索

その場所へ移動

⑤アプリ内のQRスキャナー機能で筐体に表示されたQRコードを読み取る

⑥充電器が出てきて、借りることができます

▼充電器

f:id:mkumaki:20180420123139j:plain

参照元

http://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/1804/19/l_kf_chargespot_05.jpg

利用場所は?

4月19日時点では、

・「SHIBUYA109」
・「SHIBUYA TSUTAYA
・「渋谷ちかみち総合インフォメーション」
に設置され、サービスが開始されるようです。

今後の予定としては、

国内では東京・大阪・福岡・沖縄など全国で7000カ所の

設置を目標にしている模様です。

最後に

モバイルバッテリーを持ち歩いている人は多いと思うので、

必要になるとしたら、その充電すらも無くなってしまった、

もしくはそもそも持ち運びたくないときでしょうか。

サービスとしては開始したばかりなので、

これから機能の拡充やサービスの向上を行っていく段階。

今後の「CHARGE SPOT」に要注目ですね。

それではまた。

ビジネス
スポンサードサーチ
kumaをフォローする
ミニナル。